部分塗装とは?知っておきたいメリット・デメリット

 


家の外壁にも耐用年数があり、定期的なメンテナンスや再塗装が必要になります。外壁の塗装ときくと、家全体に足場を組み、予算や施工期間もある程度かかるイメージを持たれるかもしれません。そのため、少しの雨漏りやひび割れでは「修理や塗装をし直すほどではない」と、そのままにしてしまうケースも多いようです。


しかし、住宅を守るためにも、劣化に気づいたら外壁の塗り替え工事を早めに検討することが大切です。予算や状況に応じて、気になる箇所だけを部分塗装する方法もあります。今回は、塗り替えを一部分だけ行う部分塗装について、知っておきたいメリット・デメリットをご紹介します。



■外壁や屋根の塗り替えはお早めに!


雨漏りや塗装の劣化が発生しても「まだ大丈夫だろう」と塗り替え工事を後回しにすると、外壁の塗膜が劣化して内部に雨水が侵入し、雨漏りの悪化や腐食の原因になることもあります。屋根の雨漏りを放置した場合、下地材にまで影響が出ることで建物全体の寿命も短くなってしまいます。


症状が悪化してからだと、修理費用やリフォーム費が高額になる可能性も。症状が軽いうちに、外壁や屋根の塗り替えを検討しましょう。




■耐用年数を目安に塗り替え


外壁や屋根の塗装にはそれぞれ耐用年数があります。小さなヒビや劣化に気づいた時だけでなく、耐用年数も目安にして塗り替えを考えましょう。


・外壁塗装の耐用年数

安価なアクリル系塗料やウレタン系塗料は10年以内ですが、その他の外壁塗料の耐用年数は約10〜20年と言われています。塗料の価格が高くなるほど耐用年数も長くなる傾向があります。


・屋根塗装の耐用年数

屋根の場合も使用する塗料によって耐用年数は変わりますが、一般的に約10〜15年といわれています。屋根は外壁より劣化しやすく、下からは目で見て確認できないため、定期的にチェックすることが大切です。




■部分塗装のメリット


耐用年数が残っているのに一部分だけ劣化している場合、気になる部分だけを塗装し直すことが可能です。


例えば、日当りの良い南側の壁だけが色褪せていたり、雨が当たりやすい2階の外壁が先に傷んだりしてしまうこともありますよね。そのような場合には、色褪せた南側や2階の外壁だけを塗装することもできます。外壁塗装の必要がない場合でも、外気の影響を受けやすい屋根の塗装を取り急ぎしておくことで、雨漏りや経年劣化を防ぎ、家の寿命を延ばす効果が期待できます。


全体を塗り直すよりも費用を節約できるので、急な出費を抑えられ、施工期間が短くすむメリットもあります。




■部分塗装のデメリットと回避法

部分塗装にはデメリットもあります。その回避法と合わせて知っておきましょう。


・塗装ムラができてしまう

色褪せが起きている場所に部分塗装をすると、塗装ムラができてしまいます。小さなキズは事前に補修材で処置をしたり、色褪せを隠すように壁全体をより強固な塗装で塗り直したりと適切に対処することが必要です。


・塗装業者によっては部分塗装に対応していない場合がある

部分塗装に対応していない業者もいるため、一部分だけ依頼したかったのに全面塗装工事を勧められてしまうこともあります。依頼の前に、まずは部分塗装に応じてくれる塗装業者かどうか確認しましょう。依頼する際には、希望をしっかりと聞いて納得できる提案をしてくれる業者を選ぶことが大切です。


・長期的にみて費用が高くなる可能性も

部分的な塗り直しを繰り返していくと、トータルで費用が高くなってしまうこともあるので注意しましょう。地域や施工内容によっては自治体などから助成金が出ているケースもあります。予算がないからと小さな修理を繰り返さずに、長期的な視点や費用も含めて検討していきましょう。




■塗装箇所や予算に合わせた塗装プランをご提案


建物の劣化に気づいたらできるだけ早めに現地調査を依頼し、いつ頃にどのような規模で工事をしたらよいか塗装業者に相談してみましょう。



お客さまのライフスタイルや今後の居住年数に応じて最適な塗料も変わってきます。佐賀県西松浦郡の丸田塗装では、塗装箇所や目的、予算に合わせた塗装プランをお選びいただけます。「気になる部分だけ塗装したい」「劣化が気になる場所がある」など、塗装に関することは丸田塗装までお気軽にご相談ください。