今すぐ知りたい!雨漏りの原因と応急処置

 


最近は異常気象の影響もあり、台風や大雨の被害が増えてきています。大丈夫だと思っていても、急な雨漏りが発生する可能性があります。災害時に雨漏りが起きると修理するまでに時間がかかることもあり、慌ててしまいますよね。


そこで今回は、業者に修理をしてもらうまでの間にできる雨漏りの応急処置についてご紹介します。


■雨漏りの2大原因

雨漏りが発生した場合、2つの原因が考えられます。


1つめの原因は、施工不良です。家を建ててすぐ雨漏りした場合は、家を建てた際の施工不良が原因となっている場合が多いようです。


2つめの原因は、屋根や外壁の劣化です。家を建ててから時間が経過している場合は、外装自体の劣化が考えられます。屋根材や塗料など、使われている素材にはそれぞれ耐用年数が決まっており、経年劣化が雨漏りを引き起こすことがあります。



■雨漏りに気づいたら!応急処置で対応

雨漏りに気づいたら、すぐに応急処置をして被害を最小限に抑えましょう。


天井から雨漏りが発生したら、まずは落ち着いて雨が床に広がるのを防ぎましょう。水が落ちてくる場所にビニールシートなどを敷き、バケツで雨水を受け止めます。その際にバケツの底に新聞紙やタオルをいれておくと、水が跳ねるのを抑えられます。


窓やサッシから雨漏りがある場合は、まずは濡れないようにカーテンをよけたり、外したりしておきましょう。ビニールシートを床に敷いてから、タオルなどを雨漏りしている場所に置いて水を吸い取ります。


ビニールシートがない場合は、大きめのゴミ袋などでも代用できるでしょう。床やカーテンなどが雨水を吸ってしまうと、後でカビやシミになってしまいます。雨を受け止めることと合わせて、周囲に置かれた物や壁、床ができるだけ濡れないように気をつけましょう。



■応急処置後は専門業者へ相談を


雨漏りが一時的に止まると安心して放置してしまうケースもありますが、後処理をしないままだと建物全体の劣化を早めてしまうことになります。


雨が止んだ後は、ブルーシートを屋根にかけたり、雨の侵入箇所を防水テープやコーキングをしたりと、一時的に対処することもできます。しかし、正しく処置できていないと、時間が経つごとに被害が広がり修理箇所が増え、費用もかかってしまうでしょう。応急処置ができたら、必ず専門業者に相談し、点検と適切な修理をしてもらうことが大切です。


屋根や外壁のメンテナンスを定期的に行うことで、雨漏りトラブルを事前に防ぐことができます。佐賀県の伊万里・唐津・佐世保などのエリアで塗装工事を行う丸田塗装では、屋根や外壁の下地処理から塗装まで、丁寧な施工を徹底しています。屋根や外壁に関するお悩みがありましたら、丸田塗装までお気軽にご相談ください。