見積りをする前に!外壁塗装に失敗しないための塗装業者の選び方

 

外壁が剥がれてボロボロと落ちてきたり、汚れが気になったり……「そろそろ外壁塗装を塗り替えたい」と思いつつ、どこに頼んだらよいかわらかないと悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


しかし、塗装業者をしっかり選ばないと「塗り直してすぐに剥がれてきた」「追加料金で多額の請求をされた」といったトラブルにつながることもあります。


そこで今回は、見積りをする前に知っておきたい外壁塗装業者の選び方についてご紹介します。




■外壁塗装はどこに依頼する?

外壁塗装を業者に頼む場合は、大きくわけてハウスメーカー、工務店、外壁塗装業者の3つの選択肢があります。


家を建てたハウスメーカーに依頼すれば長期保証がつくなど安心感があります。ただし、実際に施工するのは下請け業者なので、中間手数料がかかり費用は若干高くなります。


外壁だけでなく、合わせて家の内装やメンテナンスなどもしたい時は、工務店に依頼すればリフォームの相談もまとめて相談できるメリットがあります。


外壁塗装業者に直接お願いした場合、中間手数料がかからないメリットがあります。インターネット等で業者を探す手間はかかりますが、優良な塗装業者に依頼できれば、コストを抑えながら高い品質の外壁塗装ができるでしょう。




■塗装業者に見積りをしてみよう

依頼したい工務店や塗装業者が見つかったら、まずは見積りを依頼しましょう。見積りをお願いする際には、「何のために外壁塗装をしたいのか」「今後何年ぐらい住む予定なのか」を伝えるとよいでしょう。


塗料には耐用年数があるため、今後住む年数によって使用する塗料も変わってきます。また、外観をきれいにしたい場合と劣化を修理したい場合では施工内容も異なります。依頼内容を明確にすることで、適切な見積りをしてもらえるようになります。




■相見積りで比べてみよう

見積りをする際には必ず、複数の業者に見積りをしてもらう「相見積り」をするとよいでしょう。できれば、どの業者にも同じような質問をしてみると良し悪しの比較ができます。


・使う材料について

使用する塗料によって塗装の値段は大きく変わってきます。価格の高い塗料は長持ちするため、長期的に見てコストパフォーマンスが高いこともあります。見積りの金額だけでなく、どのような塗料を使うのか事前に確認しましょう。


・工事方法について

何回塗りなのか、施工方法は何かなど、工事の内容についても確認しておくことが大切です。通常は下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本であるため、1~2度塗りの場合はその理由も合わせて確認しておきましょう。


・費用や保証について

トラブルを回避するためにも、追加費用はかからないのか、保証期間はどうなっているのかを見積りの際に質問しておきましょう。


見積りに書かれた内容だけを見て判断するのではなく、このような質問をしながら「しっかりとした専門知識をもとに返答してくれるのか」「追加費用などの詳細についてきちんと教えてくれるか」をチェックしていきます。


質問への対応から、外壁塗装を安心して任せられる塗装業者なのかが見えてくるでしょう。外壁塗装は工事の時だけでなく、その後のメンテナンスも大切です。アフターフォローもしっかりとしてくれる、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。



■外壁塗装なら地域密着の丸田塗装へ


丸田塗装なら、塗装技能士の国家資格を持った職人集団が、熟練の技術で施工するので安心です。現場の整理整頓を徹底し、工事の進捗状況も透明化しているため、お客様にご心配はおかけしません。


また、弊社ではドローンを使った現地調査も行っています。ドローンなら職人が屋根に上らないので、耐久力の落ちた部分をうっかり壊してしまうことがありません。足場が不要になるため、コストカットにもつながります。さらに、高解像度カメラや赤外線カメラによって、非常に細かいひび割れや塗装の浮きまでチェックできるのです。


その他、常に品質向上を追求し、お客様のライフスタイルに合ったプランニングを行っています。屋根や外壁のメンテナンスをお考えの方は、お気軽にご連絡ください。