こんな症状が出たら、塗り替え時期です~セルフチェックのポイント~

 

皆さんこんにちは。

佐賀県有田町を拠点に屋根・外壁塗装などの各種塗装工事を手掛けている丸田塗装です。


マイホームはできるだけ長持ちさせたいものですよね。その鍵を握るのが、住まいの外装となる屋根・外壁です。紫外線や風雨など自然の脅威から住まいを守ってくれているのが屋根や外壁であり、どうしても劣化していく部分でもあるのです。劣化が発生すると雨水が侵入し、最悪な場合は住まいを支える屋台骨(躯体)を腐らせる恐れもあります。そうなる前にやっておきたいのが「塗り替え」による屋根・外壁の保護です。


「うちはまだ大丈夫?」「塗り替えのベストタイミングはいつ?」という疑問をお持ちの方が多いかもしれません。そこで今回は、ご自身でもできる「セルフチェックのポイント」をご紹介したいと思います!


■塗り替え時期のセルフチェックポイント

「住宅支援機構のガイドライン」では、新築の場合、住まいの塗り替えは10年前後が目安とされています。ただし、木部・鉄部・外壁など部材の違いや立地条件などにより、塗り替え時期の目安は異なります。


「我が家はいつが良いのだろう」と分からない方は、以下の項目をご自身で確認してみてください。塗り替えのサインが出ている箇所があるかもしれません。


1.外壁のひび割れ


小規模の地震などにより外壁へひびが入ることはよくあることなのですが、外壁が基準の厚みより薄いなど手抜き工事が原因であったり、建物自体がひずんでしまっていたりするケースがあり注意が必要です。塗り替えだけで済むのか、他のメンテナンスも必要なのか専門家に見極めてもらいましょう。


2.外壁や屋根の変色


日光の当たる量に比例して、変色の度合いも増していきます。住まいの南側は紫外線を多く浴びる上に雨風などの影響も受けやすいため、他の箇所に比べて外壁の傷みが早いです。外壁の南側と北側を比べてみることで、傷み具合を確認してみてください。


3.外壁の塗装の浮きやはがれ


外壁塗装は、長年の風雨の影響によってどうしてもはがれていってしまうもの。他に、塗装がきちんと定着していない「密着不良」が原因の場合もあります。これは塗装の耐久性が落ちているというサインです。


4.鉄部のさび


「耐久年数3年」と言われた一昔前と比べて、最近ではさびにくい良質の塗料が増え、鉄部の耐久性もかなり向上しています。新築時より3年以上経過していて、鉄部のさびが広範囲にわたり確認できる場合は塗り替えのタイミングです。


5.木部の塗膜のはがれや傷み


木部は雨水によって大きく影響を受ける部位です。破風板(はふいた)が代表的な箇所で、傷みがひどい場合には腐ってしまっていることも。取り換えが必要となる前に塗り替えることをおすすめします。


6.チョーキング現象が見られる


外壁塗料が古くなると変質し、粉状になる現象です。手で触った時に白い粉が付いてくる場合には、塗装の防水性が低下しています。


7.コーキングのひび割れ


外壁同士や窓枠と外壁の間を埋め、雨風の侵入を防ぐ役割を果たしているのがコーキング剤です。ゴム状の塗料のため、年数が経つと劣化してきます。ひび割れを見つけたら、コーキング剤の補修時期のサインです。


8.コケや藻・カビが発生している


外壁塗料には防カビ剤が含まれていますが、住まいの北側など湿気の多い場所ではその効果が落ちやすく、コケやカビが生えてくることがあります。ほんのわずかな隙間をぬって室内へカビが侵入したり、ダニの発生に繋がったりすることも。そうなる前に、高圧洗浄で処理してから塗装をするのがベストです。


■まとめ

ご自宅の屋根や外壁の状態はいかがでしょうか? 上記のような症状が見られたり、少しでも気になるところがあったりした場合には、まずは塗り替え実績地域No.1の「丸田塗装」にご相談ください。ドローンなども使った現場調査を行い、「まだ大丈夫」「そろそろ危険」といった無料診断をプロの目線で丁寧に行わせていただきます。


お客様第一主義で真摯に対応させていただくのがわが社のモットーです。しつこい後追い営業などはいたしませんのでご安心ください。どうぞお気軽にお声掛けいただければ幸いです!


<丸田塗装へのお問い合わせ>

TEL.0955-43-3808

https://marutatosou.com/contact